「誰もが安心して生きがいを持った暮らしを送ることができる地域づくり」を基本理念にする社会福祉法人 久山町福祉協議会のホームページです。

お問い合わせ

事業紹介

ホーム > 事業紹介 > 住民のみなさんへ

住民のみなさんへ

生活支援体制整備事業


 生活支援体制整備事業は、生活支援・介護予防サービスの地域における資源開発やネットワーク構築等のコーディネート機能を有する者を配置し、多様な地域資源を活用しながら生活支援サービス等の基盤整備を行うことにより、地域包括ケアシステムの構築を図ることを目的としています。


〇主な取り組み

・協議体の運営

 ”手に手をとってあつまりの輪”という名称で行っています。


・第1層生活支援コーディネーターの配置

 地域の様々な支え合い活動(声かけや見守り活動など)を見つけ、つなぎ合わせる調整役を担っています。
 ※第1層は、市町村区域での活動となりますが、その他にも、日常生活圏域(中学校区)を範囲とした、第2層も
  あります。久山町では、中学校区が一つのため、第1層生活支援コーディネーターのみを配置しています。


・久山町生活支援コーディネーター通信 ”hand in hand” の作成

 ※”hand in hand”は、こちらから
地域共生社会
手に手をとってあつまりの輪(R4.1.18)
©2019 社会福祉法人 久山町社会福祉協議会

pagetop