「誰もが安心して生きがいを持った暮らしを送ることができる地域づくり」を基本理念にする社会福祉法人 久山町福祉協議会のホームページです。

お問い合わせ

赤い羽根共同募金

共同募金について

赤い羽根共同募金は、地域の福祉団体等からの助成の申請をもとに
「助成計画」を立案し、その計画に基づき、助成事業に必要とされる目標額を毎年定めています。
つまり、地域ごとに課題解決に必要な使い道の額を事前に定めてから、寄付を募る「計画募金」となっています。

共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、
さまざまな地域の課題解決に取り組む団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として取り組まれています。

◇中央共同募金会のHPはこちらから

◇福岡県共同募金会のHPはこちらから

共同募金の歴史

共同募金運動は、戦後間もない昭和22(1947)年に、「国民たすけあい運動」として始まりました。
当初は、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、
その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉推進のために活用され、
平成28年(2016)年に創設70周年を迎えた歴史があります。

共同募金のシンボル「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の運動からです。
「赤い羽根」は、寄付したことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。
「赤い羽根」には「たすけあい」「おもいやり」「しあわせ」の意味が込められています。

久山町での共同募金の仕組み

久山町で集められた募金の約80%が久山町を良くするために使われています。
そのため、誰かを想う募金だけではなく、久山町を想う募金としても活用することが出来ます。
また3%は、「災害等準備金」として積み立てられており、
大規模災害が起こった際の備えとして 福岡県共同募金会で積み立てられています。

この積立は、災害ボランティアの活動支援などの、被災地を応援するために使われています。
残りは、福岡県全体の福祉活動の充実や、共同募金運動推進のための費用として活用されています。

自動引き落としによる定期寄付のご案内

寄付を希望される方の金融機関口座から自動引き落としを行う口座振替ができますのでお知らせいたします。

◇自動振替募金に興味のある方はこちらから

◇利用できる金融機関の一覧はこちらから
※粕屋農業協同組合、西日本シティ銀行、福岡銀行でも利用できます。
   その他の金融機関につきましては、一覧データをご参照ください。

◇自動引き落とし登録申請書はこちらから

共同募金は、寄付する人も、募る人もみんながボランティアです。
今後とも皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

福岡県共同募金会久山町支会(事業計画・予算/事業報告・決算)

©2019 社会福祉法人 久山町社会福祉協議会

pagetop